2006年07月31日

丹波篠山楽空間

祝 よさこいひょうご大賞受賞
「丹波篠山楽空間」

先日、楽空間の太鼓部長(部員1名・・汗)として
よさこいひょうごに参加した。

僕が楽空間に所属して早2年。
仕事柄イベントにはあまり多くは参加出来ないが
楽しく参加させてもらってる。

僕は、このチームに参加させてもらって多くの
ことを教えてもらっている。

このチームは、子供からお上までの多世代チーム。
地域に支えられているチームとして
「自分はこうだ」的な自己主張より
「感謝」的な要素が多いチームになっている。

だからこそ、非常にいろいろなところに目を向けなければ
ならない。
演舞の質を求めるなら、若い人たちだけでやればいい。

自分達のスタイルを求めていくなら、地域に方々への
あいさつや報告などはしなくてよい。

が、すべて自己主張の逆をいっているチームなのです。

だからこそ、大変なことが多く出てくる。

だからこそめんどくさいことが多く出てくる。

だからこそ手間なことをやらなくてはならいない。


それは、なんのためにか・・・・・

「多くの人と共有する為」
ではないかなって考えた。

大賞受賞発表の時、みんなが泣いた。
キッズからお上まで泣いた。

ここまで、世代が違うものが泣けるということ、
それは世代を超えた一体感があったからではないか。

いや、共有していたからではないか。

祭りが終わったあと、これからが本当の楽空間の威力が
発揮されるだろう。

「楽空間」を共有している人が多ければ多いほど
この賞を喜んでもらえる人が多くいるということだ。

地域の人や、支えられてきた人に喜んでもらうことが
本当の意味でのご褒美のような気がする。

自己主張型ではなく感謝型の方向を選んだ
楽空間。

全ては、この喜びも悲しみも「共有」するために
このチームは進んでいったんだろうなと思った。


先日、たんばぐみの理事長にあることを教えてもらった。

「1人はみんなの為に、みんなは1人の為に」と訳されている
ラグビーの言葉。

実は、あれは訳し方が間違っている。

「1人はみんなの為に、みんなは一つの目標の為に」とのこと

先日、一つの目標であったよさこいひょうご大賞受賞。
見事その栄冠を獲得した。

僕も、そのシーンにいれたことに感謝する。


ここまでの踊りのレベルにもっていったリーダーありがとう。
リーダーについていき、自分の踊りを踊りきった皆さんありがとう。
踊りに集中できる環境を作ってくれた事務局の皆さんありがとう。
ここまで、信念を曲げず楽空間を作り上げてきた役員の皆さんありがとう。
踊り以外の部分で、五穀豊穣を演出してくれた皆さんありがとう。

みんなが演舞をする前に手を出して集中している時にこんなことを
イメージしていた。

「決めること、盛り上がるとこ、そこの強弱を盛り上がる演出を
音の部分で支えてあげよう。素晴らしい笑顔がよりお客さんに
伝わるように、印象付けるように。
 ベースのリズムをサポートし、そのリズムに合わせて、踊り子たちが
一体となって演舞するように・・・」

こんな気持ちにさせてくれた、楽空間のメンバーに感謝します。

※一番初め、僕のところにピンスポットが入り
 テレビカメラが来たときだけは、ちょっと自己主張させてもらった
 ごめんなさいよ(笑)



kendia6 at 12:23│