2005年12月13日

NPO法人申請

 最近、おかげさんで、丹波地域ので
NPO法人設立の相談がいろいろと
まいこんできます。

 たんばぐみも、元気なNPOが沢山出来ることを望み
出来る限りの応援はしたいと思う。

 しかし、数が増えてくるにしたがい、いろいろなところが
相談にこられる。

 今日も、一件電話があったのだが、
なんか、行政にシッポふりふりをする為に
設立したいようなニュアンスであった。らしい・・・・

 なんだかなーーーー

 昔、あるフォーラムでこんな事をしゃべったことがある。
会場はほとんど、大人の方
(若者の立場でしゃべりました)


今の財政を、家計に置き換えると、

借金が4人家族でも2000万以上ある家庭になる。
もちろん資産もあります。

あなたは、この家庭の主だった場合、
子供に対して、借金を残したまま、引き継ぐのですか?

皆さんに、一人の大人としての自覚があるのなら、
次の代に対して、責任をもって(借金を出来るだけ減らして)
世代交代をするべきではないですか?

 いろいろな議論をするときに、「行政が金をくれんようになった」
という議論をする前に、
「次の世代が活躍する為に、こうゆう状態で受け渡してあげよう」
という議論をしていますか?

 次の地域を担う若者は、大人が作った借金が2000万なら
なんの責任もなく、−からのスタートなんですよ。

 こんな話を、偉そうに800人くらいおられる観衆の前でしゃべった。
汗・汗・汗・・・・・

 今は、こんな偉そうに物はしゃべれないですし、僕達の
上の世代の方もとても立派な方がおられて、その蓄積で
今がある事が少しづつわかってきたのですが、

 やはり、たまに出会う上記のうな方に接すると、フォーラムでしゃべった
ようなことを言いたくなる。

 もちろん、偉そうにいうだけでは、「口だけ番長」になります。
僕もそろそろ、ええ大人?の域に入ってきました。

 若い時に自分が言った言葉を、今の自分に言い聞かせて
今日も1日がんばりましょう!




kendia6 at 11:23│