2005年09月

2005年09月29日

丹波環境基金

 丹波地域で環境保全活動を行う
団体を応援する事業

丹波環境基金助成がスタートします。

 額は小さいですが、丹波にとっては大きな一歩。



kendia6 at 02:39|Permalink

2005年09月25日

コミュニティーカフェみーつけた

 丹波篠山には、僕的にすばらしと感じる施設がある。

コミュニティーカフェみーつけた

ここは篠山市のNPO法人いぬいふくし村が運営する身体障害者小規模作業所。

ここの何が素晴らしいかといいますと、
この小規模作業所が、まちの人が支えてる仕組みに感動する
と同時に、一つの商売として独立を目指そうとする姿勢に感動する。

  ここのカフェは、そんじょそこらのカフェよりもオシャレですし、
常にイベントなどを開催し、多くの人の役に立っている。

 「たまたま」そこで働くスタッフが聴覚障害の方であったり
するわけです。

 僕は、この「たまたま」が非常に大事だと思います。

いろいろな募金活動や寄付は数多くありますが、
大体いっときのもんです。

 今は、みんなアメリカの台風の被災者には募金をしますが、
スマトラ沖地震の被災者の人には、もう募金はしないでしょう。

 僕も含めて、人間というものは、ある意味おろかなものだな
って思います。

 だからこそ、日常生活の中に溶け込むことが
永続的に応援できる仕組みになるのではないかなと
思うのです。


 そう考えると、「たまたま」を演出している、このカフェが
僕はとってもすばらしいと感じるんですね。


 篠山によられたときは、是非ここのランチを食べてかえって
ください。
 とってもおいしいですよ。 

 



kendia6 at 21:04|Permalink

2005年09月24日

味覚の秋丹波

 いよいよ味覚の秋がやってまいりました。

秋のおとずれ第一弾。「丹波栗」

先日、篠山市の森口栗園さんにいってきました。

詳しいレポートはこちら

栗から始まり、黒豆枝豆、サツマイモ、松茸、山の芋と続く
丹波の味覚

 

 最近、少しやせてきたのに、また元に戻りそうだ・・・・
やせるをとるかおいしいをとるか・・・

 やっぱ「おいしい」をとりますね(笑)



kendia6 at 19:54|Permalink

2005年09月23日

完売

 事務局を受けている

丹波篠山ぼたん鍋まつり(篠山市旅館組合主催)

本日をもって完売となりました。

 

 先日、神戸新聞に掲載されたようで、1日で埋まってしまいました。

新聞の宣伝力には、脱帽いたします。

 



kendia6 at 00:34|Permalink

2005年09月20日

渋谷で働く社長のブログを読んで

 一時期、世間を騒がせた、渋谷で働く社長さん。

とある記事を読んで、久しぶりにビビビッってきました。

その記事はこちら

 たんばぐみを始めて、右も左もわからない状態からスタートし、
中間支援組織としての役割を果たす為、
今度は右にも左にも事業に手を出し、
今は、すっかり廻らなくなってきた。

 昔から、理事長に、「とにかく、一つのことをキッチリやり遂げろ」と・・・

そういいながらも、比較的自由にさせていただいていたので、
ドンドン事業を増やしていき、今の状態におちいっています。

 こういう状態になってこそ、社長や理事長の言葉が身にしみる。

ホント、若い頃ってあれもこれもしたくなるんですよね。

こんなことに気づき始めた僕は、やはり
おじさんゾーンに足を突っ込み始めたのか(笑)



kendia6 at 19:11|Permalink

2005年09月18日

情報集発信事業

たんばぐみのメイン事業の情報集発信について。

 先日、情報誌きのわの記事で、たんばぐみのページを
作成していますた。

 なんとなく、作っていたのですが


たんばぐみは

情報を集めています・・・・・・・
情報発信しています・・・・・・・
情報をまちづくりに生かしています・・・・・


とかいた。(きのわは補足がつきますよ)


 そこで、ふと。まちづくりには、ホントに情報って必要だな
って最近つくづく思うようになる。


 そして、生かすも殺すも、その情報をもっているところ次第。

 うちも、ドンドン情報が集まってきています。
丹波の情報名プロデューサー団体にならなければ。

 がんばれもっちゃん(って人に振っています(笑))



kendia6 at 16:58|Permalink

2005年09月17日

取材を受ける

 よく、行政や調査機関の受けることがある。

今日も、2年ほど前に一緒に仕事をしたかたが
こられて久しぶりの再開。

いつもながら、最近たんばぐみは何をしてるのですか?

「・・・・・・・・・・・・」

何をしてると聞かれても、いろいろなことがありすぎて
答えられない。

 いろいろ話をしていると、「あっ、これもやっていますよ」
「あれもやっていますよ」

 ってことになり、話が弾んでいく。

 兵庫県の方は、よく参画と協働のことを聞かれるが、
たんばぐみは、比較的行政の方と一緒にたんがぐみ会員として
活動していることがあるので、
結構先進的なのかなって思うことがある。

 ただ、他のNPOや団体の活動現場をしらないので、
どこまで進んでいるかわからないが、

本当に、進んでいるのか、僕の話が大げさなのかはしれないが(笑)
かなり進んでいますねってよく言われる。

  何が正しくて、何がまちがいかはよくわからないですが、
とにかく、自分の信じた道を突き進むしかないでしょう。

 

 なんか、取り留めのない話になってしまった・・・・・・



kendia6 at 00:01|Permalink

2005年09月16日

やる意義

 最近、あちらこちらから会議参加の要請がある。


 いろいろと皆さんお忙しいとは思うのですが、
前向きな会議と、とりあえずこなさなあかんから
っていう会議とでは、雲泥の差がある。

 本日は、ツーリズム関係の会議。
実行委員会になぜか入ったので、参加してみると
「とりあえずこなさないと」モードが漂っていた。

 だまっておこうとおもったのですが、ここ最近
睡眠不足のため、妙に頭がさえて(笑)いろいろ意見を
言ってしまう。


 忙しくなればなるほど、「とりあえずこなしたいので」モードの
会議に参加すると、「時間がもったいない」になってしまう。

 というか、それなりに中心となっているものが
やる意義を感じないようなものは、無駄に感じてしょうがない。

裏を返せば、自分達がやっている事業はそうなっていないかな?って
考えたりもする。

 

 



kendia6 at 00:16|Permalink

2005年09月14日

営業訪問回数

ある人からこんな話を聞きました。

営業を行うとき、営業マンが営業をあきらめる
回数は五回。

営業を行うとき、営業マンが営業を取れる
訪問回数は6回。

数字などはあやふやな記憶ですが、こんな感じの
話をしてもらったことがあります。

 出来る営業マンは、あと一回をあきらめずに行くそうです。

 

なぜこんな話をしたかというと、
現在、結構めいっています。

でも、こんなときだからこそ、上のことを思い出し、
あと一回、あと一回。

と肝に銘じてがんばっています。

皆さん、あきらめようとしていることはありませんか?

僕もいっぱいあきらめようと思うことがありますが、
なんとか頑張っていこうと思っています。

今後とも、こんなムンムンをよろしくお願いします。



kendia6 at 00:47|Permalink

2005年09月13日

無駄な時間

基本的に、僕は人生にとって無駄な時間はないと

おもっているのだが、唯一無駄だとおもうのが

探し物をしてる時間。

 今は、だいぶましに?なってきたが、まだまだ机の上がバラバラ・・・・・


次から次へと仕事がくるが、コレくらいはチョチョイのチョイと

やっている方もたくさんいると思う。

1日5分探しものをするとすると

1日5分×365日×40年(社会人40年として)=73000分

4380000秒・・・・・・・ってわかるかい!

 

飲み食いせず、睡眠もとらずしても

50日間ずっと探し物をしている計算になる。

 

おそろしや・・・・・・



kendia6 at 01:02|Permalink

2005年09月10日

古民家再生プロジェクト

今年度、新たに「古民家再生プロジェクト」が
たんばぐみの事業として立ち上がります。


 専用ブログも立ち上げましたので、見てください。

http://blog.livedoor.jp/tambakominka/

 

 たんばぐみでは、古民家再生ボランティアも募集しております。
詳細はたんばぐみまでお問合せください。

0795-73-1171(担当 西垣)



kendia6 at 23:47|Permalink

2005年09月09日

家族で稲刈り

 最近、仕事の合間を見つけては

稲刈りのお手伝いをします。

 僕は基本的に、力仕事担当。

 うちの家族は、みんなでどこかに行くと

いうこともあまりというかほとんどない。

  仲がいいかと聞かれれば、とちらかと

いうと仲がいいほではない。

 僕とおやじは、あまりしゃべらない。

でも、別に嫌いではない。いやむしろ親には

感謝している。

 僕の進路に関して、両親は何も言ったことがない。

高校進学、大学受験、就職、世界一周旅行、今の仕事。

裏でいろいろとサポートしてもらったことにも感謝している。

そして、お互い小言をいいながらも、両親仲良く?

太陽の光を浴びて、健康で、元気よく

こうして、みんなで稲刈りが出来ることに感謝します。

inekari




 



kendia6 at 21:27|Permalink

2005年09月08日

おやすみなさい・・・

 ちょっと飛ばし気味ですね。

今日は、午前様にならないうちに寝れそうです。


 ここちいい疲れにひたっています。
おやすみなさい。



kendia6 at 22:47|Permalink

2005年09月06日

Bigムンムンのちょっと役立つ東洋医学

 いよいよ、情報誌きのわに連載されている
シリーズがブログ化されます。

 これで、携帯で閲覧の方でも見れるようになります。

まず、第一弾は、
いままでひっそりと息をひそめていた
Bigムンムンのブログ。

「ちょっと役立つ東洋医学」
のブログを立ち上げました。

東洋医学?って思う方もあるかもですが、
たんばぐみ、丹波産ブランドたんばる、まちづくり
結構、東洋の考え方が入っています。

 そう、すなわち原点です。

皆さんも、是非一度読んで下さい。


ちなみに、更新はきのわの発行にあわせていますので
月一回の更新になります。

 

Bigムンムンのちょっと役立つ東洋医学



kendia6 at 20:40|Permalink

フォルダーの整理方法

 ただいま、莫大な情報入力作業を毎晩行っている。

そこで、まず痛感したのが、データの整理方法のまずさ・・・
現在、やっとこさ一定のルールを決めて
整理できようとしている。

 写真一枚にしても、いやになるくらいバラバラにしていた。

 事業としては、大きく分けても

たんばぐみが20事業、たんばるも20事業ほどを行っていている。

各書類は、その事業ごとにわけ、事業の中にも
チラシフォルダー、行政関連フォルダーなどを作る。

写真なんかは、一枚の写真を
300ピクセル用、Web用、印刷用、○○事業用と
使いまわす写真が多々出てくる。


 そんなこんなしていたら、今のパソコンのデータには
多分200くらいのフォルダーがあるのではないかな。
いやもっとか?

 さすがに、数えるひまはないが、現時点での教訓は
フォルダー訳は、一定のルールを決めた上で
徹底的に細かく分けるのが、
フォルダーに辿りつくまで大変ですが、後々のことを
考えるとそれがコツになるような気がします。

 また、データの整理のしかたで、いい方法があれば教えてください。

 さあ、もう少し仕事がんばります。



kendia6 at 01:41|Permalink

2005年09月05日

 最近、家にかえらず車で寝ることが多い・・・・・

 夜仕事をしていると睡魔が・・・・・・。
そのまま事務所で寝るということは
けじめ?としてしないのですが、
家に帰ろうと、車に乗った瞬間
寝てしまう。

僕のライバルは、のび太くんしかいないだろう
というくらい、車内に入ってすぐに寝てしまう。


 車の中(僕の愛車はコルトです)は寝心地が悪いので
朝早く起きれる(笑)


が、最近、コツを覚えたのか、結構ぐっすり寝てしまう・・・・・


 なんともかんとも・・・・・・


お風呂?もちろん入っていますよ。ご心配なく



kendia6 at 14:07|Permalink

2005年09月04日

台風が及ぼす 丹波の黒豆・小豆の影響

 台風が来ております。

今回のは、確実に日本上陸です・・・・・

 

 丹波の作物が心配です。

稲刈りは、半分くらいは刈れたでしょうか・・・・・

黒豆は、もう受粉は終わって、小さいさやをつけ
始めているので、こけない限り大丈夫の
ようです。

 問題は小豆。

そろそろ花が咲き、受粉するころに
この台風です。


 ただただ祈るばかりです。



kendia6 at 15:44|Permalink

2005年09月02日

母親

 只今、丹波は稲刈りの真っ最中。

 

我が家でも、稲刈りが始まっております。
うちは、父親が定年になりましたので、元気よく
稲刈りを行っております
(当然、僕も手伝いますよ)

が、実際は母親の方が、草刈りや水の管理、肥料やり
など、ほとんどを一人で行っています。


 お米も、結構な量を作っているのですが、
来年は、さらに作る量が増えるそうです。


「おかん、来年田んぼ増えるんやろ、
大丈夫か?」

「人生な、がんばらなあかんときは、黙ってがんばらな
あかんねん」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


返す言葉が無かった。
稲刈りをした後も、家族の御飯を作らないといけない
母親が、もっとがんばらなあかんといった。

母親の「がんばらないとと」は、必ず来年 ○舛箸い
お米が出来るということだ。

 僕も頑張らないと・・・・・・
ただ頑張るのではなく、数字・結果を残さないといけない。

 60近くになる母親が頑張っているのだから・・・・・



kendia6 at 13:58|Permalink